FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レポート】峡南地域活性化シンポジウム

4月25日、富士川クラフトパークにおいて、峡南地域活性化シンポジウムが開催されました。
NPO富士川・夢・未来と得々クラブのコラボレーションで実現したこの企画には、峡南地域の活性化に関心を持ち活動している人たちが40人以上参加し、長時間にわたり熱い議論を交わしました。

当日は、午前中に増穂町、鰍沢町内を視察したあと、富士川クラフトパークに集合しました。
はくばくの長沢会長と身延町の望月町長による挨拶の後、3つの分科会に分かれて1時間半ほど、峡南地域の抱える課題や今後の活性化策について討議しました。

私が参加した分科会では、まず、活性化とはどのような状態を指すのか、この地域がどのような状態になれば良いのか、が論点となりました。
そこでは「生活する人が幸せに暮らしつづけられること」そして「外部から観光客や移住者がやってきて賑わいが生まれ、経済的にも潤うこと」という方向性が確認されました。
この二つは密接に関連し、「生活する人が幸せに暮らしつづけられること」が実現すれば、自然と「外部から観光客や移住者がやってきて賑わいが生まれ、経済的にも潤うこと」にも繋がっていくだろうという見方になりました。

では、現状はどうかという点を確認してみると、急速に人口が減少し、並行して経済の衰退も進行しているということが問題提起されました。特に人口の減少は他の地域でも指摘されているような若年層の減少だけでなく、高齢者層も流出しており、高齢化すら起こらず消滅していく集落も出てくるだろうという情報が示されました。

データはかなり危機的な状況であるということを示していたので、「ではこの地域では、生活する人が幸せに暮らしつづけられることは不可能なのか」と投げかけてみると、地元からの参加者から「それは違う」という力強い反論が聞かれました。

実際に地域で暮らす人からは「健康的で精神的にも豊かなここの暮らしに不満はない」「ここを出ていった若者も定年後は戻ってくる」「周囲の老人たちも甲府の子どもたちの所に行くのを拒んでいる」など具体的な例が提示されました。
地域のキャパシティを考えるとこれまでが「過密」だったのであって、現在は「適疎」であるという斬新な意見もありました。

要は価値観の持ち方次第であり、田舎暮らしの良さを正しく評価できる人が残り、また新しく転入してくるという、好循環が始まっているという見方も可能だと思います。

しかし、現状では峡南の持つ価値を評価できる人は少ないことから、入ってくる人よりはるかに多くの人が出ていき、結果として人口の減少という状況が発生してしまっています。
この点がわかりやすい魅力を持っている富士北麓や峡北と比べると残念な点です。

これからは、マスに対する情報発信から、峡南地域の良さを理解できる人にピンポイントで情報発信する方向にシフトし、価値観を共有できる人を増やしていく必要があると感じました。

活性化のための取り組みとしては、継続的に住民が地域づくりについて語り合う場が必要であることや、強力なリーダーの存在が必要であることなどが提示されました。
特に目新しい話ではなく、これまでも一般論として必要なこととされてきたものですが、これまで継続的な実践が行われてこなかったということでしょう。

今回の会合だけではまだ十分な解決策に踏み込めていませんので、峡南地域の活性化について継続的に話し合う場を持つ必要があると強く感じました。

全体討論で、他のグループの討論結果も聞きましたが、おおむね同様の内容であったと感じています。

全体討論の中では、地域内での連携や協働の必要性を強調する意見が聞かれましたが、これからは個々の主体的な取り組みが重要ではないかと思いました。
個人的には、ある参加者が言った「目指すべき共通のゴールを設定して、アプローチ方法はそれぞれの主体に任せた方がうまくいく」という意見に強く共感しました。



スポンサーサイト

【ニュース】市川三郷町 歌舞伎文化公園 ボタンの花

市川三郷町の歌舞伎文化公園でボタンの花が見頃を迎えています。
私も見に行ってみましたが、実に見事なものでした。
明日まで、ボタンの花祭りも行われていますので、訪れてみてはいかがでしょうか。

(以下山梨日日新聞Web版から引用)

市川三郷町の歌舞伎文化公園で、ボタンが見ごろを迎え、あでやかな大輪の花が訪れた観光客の目を楽しませている。
園内には約150種、2500株のボタンが植えられており、白や紫、赤色の花を咲かせている。町産業振興課によると、今年は暖冬などの影響で例年より1週間ほど早い4月10日ごろに開花。4月いっぱい楽しめるという。25、26の両日は、同公園で「第12回ぼたんの花まつり」が開かれる。祭りでは地元の農産物や特産品をの販売や、ステージイベントもある。25日は午前9時半から写真コンテストを開く。


【イベント】峡南活性化シンポジウム

明日、富士川クラフトパークで峡南活性化シンポジウムが開催されます。
峡南地域の活性化のために、何ができるか、何をしなければならないかを話し合う良い機会です。0
お時間のある方は覗いてみてください。

詳細はこちら
山梨県職員ヤオロクブログ

【ニュース】中部横断自動車道 身延・市川三郷町でも工事開始

中部横断自動車道の建設工事が、身延町、市川三郷町でも着工されます。
この区間は橋梁とトンネルでつなぐこととなり、時間とコストがかかることが予想されます。
なるべく早い供用開始を期待します。

(以下asahi.comから引用)

国交省甲府河川国道事務所(甲府市)は、南部町内で3月に工事が始まった中部横断道の富沢―六郷間のうち、身延、市川三郷両町内も今年度中に着工すると発表した。同区間約28キロの総事業費は約2千億円。今年度は本体工事費や用地費などに約56億円を費やす。
横断道の県内区間で最南となる富沢インター(仮称、南部町)と六郷インター(同、市川三郷町)を結ぶ区間は、道路公団の民営化で発足した高速道路会社ではなく国交省が整備を受け持つため、「新直轄区間」と呼ばれる。17年の開通を目指しているが、同事務所によると、新直轄区間の用地買収の進展は、約5割にとどまっているという。



(以下山梨日日新聞Web版から引用)

国土交通省甲府河川国道事務所は本年度、中部横断自動車道で国が整備に当たる新直轄方式区間(富沢-六郷間、28・3キロ)のうち、市川三郷、身延両町内の工事に着手する。これにより同区間すべての沿線町で工事が始まり、2019年完成を目指した建設工事が本格化する。同区間では初となるトンネルの掘削も着工する。
同事務所が15日、本年度の事業概要を公表した。新直轄方式区間では、昨年度の南部町内に続き、本年度は市川三郷、身延両町内で工事に入る。建設に向けた調査や用地取得が済んだ個所から順次、工事を始める。本年度の同区間建設事業費は56億円。
同区間は高低差がある山間地に位置することから、トンネル19本と橋脚160基を建設する。このうち、本年度は身延町一色-波高島間を通る醍醐山トンネル(全長2・4キロ)の掘削工事に着手。第1期工事として、同町一色から静岡方面に向けて1・1キロ掘り進める計画。
また、同事務所によると、買収予定の用地77万500平方メートルのうち、51%に当たる39万5800平方メートルを昨年度末までに取得した。本年度の目標は定めていないというが、「地権者の理解を得ながら早期取得を目指す」(同事務所)としている。
一方、同日は国交省富士川砂防事務所も本年度の事業概要を発表。山梨県内の新規事業は、早川町の「広河内第五砂防堰堤えんてい」建設事業など3件。同堰堤は通常は下流に流す土砂を大雨時にせき止める透過型堰堤とし、3年計画で整備する。継続事業を含めた本年度の総事業費は51億8500万円。

【イベント】ゴールデンウィーク中の峡南地域のイベントなど

ゴールデンウィーク中の峡南地域のイベントを紹介します。

・4/18,19
増穂町植木祭り
http://www.town.masuho.yamanashi.jp/contents/content/view/837/236/

・4/19
南部町たけのこ祭り
http://www.town.nanbu.yamanashi.jp/kankou/fes_takenoko/fes-takenoko_top.html

・4/25、26
市川三郷町ぼたんの花祭り
http://www.town.ichikawamisato.yamanashi.jp/contents/index.php?option=com_events&task=view_detail&Itemid=171&agid=151&year=2009&month=04&day=26

・4/26
身延町竹炭まつり
身延の特産品・竹炭を中心にしたイベントです。
http://www.town.minobu.lg.jp/chosei/chosei_cal.php?id=1237

・4/29
身延町八日市
その名も八日市場という集落で、伝統の八日市が開催されます。
http://www.town.minobu.lg.jp/chosei/chosei_cal.php?id=1238

・5/3~5
親子ふれあい祭り 
富士川クラフトパークで3日間にわたって、親子ふれあい祭りが行われます。
http://www.fujikawa.comlink.ne.jp/

・5/3
南部町福士川渓流魚釣祭り
http://www.town.nanbu.yamanashi.jp/osirase/2009-0415-0930-1.html

・5/3
早川町山菜まつり
http://www.town.hayakawa.yamanashi.jp/

・5/6
身延山ウォーク
身延山五重塔の落慶を記念して、身延町内を歩くイベントが行われます。
http://www.sannichi-ybs.co.jp/SP/naka.cgi?p=0904022034



【ニュース】南部町のタケノコ

南部町の名産タケノコが収穫の時期を迎えています。
早速我が家でも初物をいただいてまいりました。
来週末にはタケノコ祭りも開催されるので、南部町を訪ねてみてはいかがでしょうか?

(以下山梨日日新聞Web版から引用)

南部町富沢地区で特産のタケノコの収穫が始まった。「たけのこまつり」が開かれる4月19日前後にピークを迎え、5月中旬まで続けられる。
地元の農家でつくる「楽市筍(たけのこ)研究会」によると、豊作だった昨年に比べて今年の収穫量は少なめだが、「あくが少なく甘さは抜群」(望月正道会長)。煮物や炊き込みご飯などで楽しめるという。
研究会メンバーが朝、町内の竹林で収穫したタケノコは同町福士の「道の駅とみざわ」で直売され、県内外から客が訪れている。今月中旬には1日200キロ以上の収穫が見込まれる。


【ニュース】増穂町 デマンド交通開始

身延町に続き、増穂町でもデマンド交通を開始するとのことです。
山間集落に高齢者が多く住む地域では合理的なソリューションなのかもしれません。
運行側のコスト削減と利用者の利便性向上が両立できるシステムを構築できるかどうかが鍵になりそうです。

(以下asahi.comから引用)

利用者の要望(デマンド)に応じて運行する乗り合いタクシー「デマンド交通」を、増穂町が7月から試行運転する。高齢者など、車を運転できない交通弱者の「足」として、町内なら予約制で自由に乗り降りできる仕組み。県内では身延町に続き2例目の試みとなる。
町地域公共交通活性化協議会の計画によると、町中心部と山間部の二つの集落を結んでいる町営の路線バス2本を廃止。代わりに、民間委託する2台のマイクロバスを使って、今の町営バスの2ルートを基本に、大まかな運行ダイヤを設ける。
利用者は電話で予約し、運行ダイヤに沿った時間帯に配車を受ける。町内全域と鰍沢
病院が対象エリアで、基本ルートから外れてもよく、希望する場所で乗降できる。運行は平日のみで、高校生以上300円、中学生以下は無料。通勤通学客が困らないよう、朝夕は現在の町営路線バスと同じく、バス停からバス停への定期運行で対応する。
総事業費は初年度が約3500万円、初期投資が終わる2011年度には約2千万円と見込む。一方、運賃収入は11年度で430万円程度と想定。国の補助金は当初3年間のみで、12年度からは運賃収入で不足する事業費は、すべて町の財源でまかなうことになる。町は「目的は福祉の向上」(企画秘書室)としている。

【ニュース】市川三郷町 御幸祭

市川三郷町の御幸祭が紹介されていました。
御輿を担いで芦川を渡る勇壮な祭りです。

(以下山梨日日新聞Web版から引用)

市川三郷町上野の表門(うわと)神社で5日、春の例大祭である御幸(みゆき)祭が行われ、名物の「川渡りみこし」が芦川を渡った。
同神社で神事を行い、そろいの衣装を身に着けた約20人の若者がみこしを担ぎ、市川大門の御崎神社を目指して出発。芦川に差し掛かると威勢のいい掛け声とともに川に入り、水しぶきを上げながら元気に練り歩いた。川岸には多くの観客が詰め掛け、担ぎ手の勇姿に声援を送った。
「川渡りみこし」は1655年ごろ、皇族が橋の上でみこしを見物していたことから、橋を渡るのをためらった担ぎ手が川に入ったことが始まりと伝えられている。


【ニュース】身延町桜ガイドマップ

4月から当事者として峡南地域の活性化に取り組む機会を得ました。
その準備のためブログの更新が滞っており、ご迷惑をおかけしました。
これからも中立的なスタンスで峡南地域の情報を紹介していこうと思います。

さて、身延町商工会が作成した桜ガイドマップが記事になっていました。
県南部の桜の名所として名高い身延町を散策するには欠かせない一冊になりそうです。

(以下山梨日日新聞Web版から引用)

身延町商工会は、身延山久遠寺周辺の桜の名所をまとめた「のびのびみのぶ桜ガイドマップ」を作製した=写真。
A3判2つ折り4ページのフルカラー。境内のシダレザクラや身延聖園の桜並木など7カ所を写真入りで紹介したほか、ウオーキングをしながら桜を楽しんでもらおうと、3つのお薦めコースも掲載している。
五重塔の落慶記念イベントや桜のライトアップに関する情報、電車やバスの時刻表も記している。2万7000部作り、町総合文化会館から同寺まで運行するシャトルバス利用者に配布するほか、JR身延駅や身延山観光協会などに置いてある。


プロフィール

峡南ファンクラブ

Author:峡南ファンクラブ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
山梨情報
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ
人気ブログランキングへ

他にもたくさんの山梨に関するブログを見ることができます。
人気の記事
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。