スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ニュース】早川フィールドミュージアム公式ガイドブック

早川町の日本上流文化圏研究所が作成した公式ガイドブックが紹介されていました。
12冊セットで2600円だそうですので、セットで購入がお得ですね。

(以下山梨日日新聞Web版から引用)
早川町の自然や歴史文化、観光スポットを紹介する「早川フィールドミュージアム公式ガイドブック」が完成した。10

0人を超える町民が制作に携わり、2年以上かけて取材や編集、イラストを手掛けた。地元住民ならではの多彩な情報が盛り込まれている。
町全体を博物館に見立てて、価値を再発見する「フィールドミュージアム構想」の一環。町から制作の委託を受けた同町のNPO法人・日本上流文化圏研究所と、町内全6地区から選出された委員58人が中心となって作業に当たった。
2007年9月から、20回以上にわたって町内全36集落を歩いて調査。歴史文化に詳しい地元の長老らから話を聞くなどし、冊子で紹介するにふさわしい620余りの“資源”を発掘。このうち、195項目を厳選し冊子に盛り込んだ。
七面山や雨畑硯すずりといった有名な地域資源をはじめ、各集落の寺社や渓谷、郷土食、暮らしぶりなどを、すべてイラスト入りで紹介。町内の飲食店などで利用できるクーポン券も付いている。
同研究所の鞍打大輔主任研究員は「町民が町の良さを見つめ直し、子どもが郷土文化を知るきっかけにしたい。観光客はガイドブックを手に、町内の周遊観光を楽しんでもらいたい」と話している。
A5判、全12冊で、町内の観光施設などで1冊300円で販売。郵送でも扱っている。問い合わせは同研究所、電話0556(45)2160。



(以下毎日jpから引用)

早川町の魅力を伝えようと、町民が町のガイドブック「早川フィールドミュージアム公式ガイドブック めたきけし」(A5判、全12巻)を発刊した。町民自身が取材、原稿、イラストを手がけ、昨年11月中旬から同町の旅館や観光施設19カ所で販売されている。
「めたきけし」とは、甲州弁で「たくさん聞きなさい」という意味。町内の全6地区ごとに制作委員を出し合い、58人の委員らが全36集落を歩いて取材した。自分の地区にある神社や寺の歴史、伝説の残るスポット、それぞれの集落のエピソードなど12巻に195の話が掲載されている。
また、町内の飲食店や温泉など18カ所で割引券として利用できる「よりみちクーポン」もついている。
フィールドミュージアムは、町全体を博物館に見立て、歴史や文化、自然を後世に残す活動。その一環として、同町の町づくりを図るNPO法人「日本上流文化圏研究所」がガイドブック作りを企画した。07年夏に取りかかり、100人を超す町民が携わった。
同研究所の鞍打大輔さん(35)は「ガイドブックを手に歩いて回り、早川町の魅力を知っていただければ」と話している。
1冊300円。通信販売もある。通信販売のみ全12巻セットを2600円(送料別)の割引価格で販売している。問い合わせは同研究所(電話0556・45・2160)。

スポンサーサイト
プロフィール

峡南ファンクラブ

Author:峡南ファンクラブ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
山梨情報
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ
人気ブログランキングへ

他にもたくさんの山梨に関するブログを見ることができます。
人気の記事
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。