FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ニュース】中部横断道開通まで9年 影響は?

9年後に迫った中部横断道の開通に向けて、その影響を検討する記事が読売新聞に掲載されていました。

どちらかというと、峡南地域に対しては開通によるストロー現象に警鐘を鳴らす内容となっていますが、私はもう少し楽観視していいのではないかと思っています。

中部横断道が開通することで峡南地域から甲府方面や静岡方面に買い物客が流出することが懸念されていますが、今でも大きな買い物をするときは地元ではなく甲府などで買う傾向が見られるので、これは中部横断道とはあまり関係ない話ではないかと思います。
日常の買い物であれば、品質の良い物を十分に揃えておけばわざわざ遠くまで出向く必要はないので、十分に商機はあると思います。

現在の峡南地域で暮らしていくのにネックになるのは仕事と医療と教育だと思います。
就職のとき、大病をしたとき、進学のときに地域を去る人が多く見られます。
中部横断道が開通することで、峡南地域から甲府圏域の職場や病院に手が届くようになれば、今の場所に住み続ける人も増えるのではないでしょうか。
高校への通学にも活用できるとなお良いと思うのですが、これは難しいかも。

観光については功罪両面があると思います。
宿泊客は減るでしょうが、総体としての観光客数が増加すれば影響は限定的なのではないでしょうか。

(以下YOMIURIONLINEから引用)
地域を活性化するはずの高速道路が、逆に衰退させる!? 2017年度に増穂インター(IC)―吉原ジャンクション(JCT)間が開通予定の中部横断道。甲府市と静岡市が、現在より約1時間短い約1時間40分で結ばれ、人の流れが活発になる一方、峡南など過疎地域では人口減少や過疎の深刻化も懸念される。開通によるプラス、マイナス両面の影響を検証する。(小谷毅彦)
■甲斐・中央市など
九州、長崎、大分の3自動車道が十字に交わる佐賀県鳥栖市。鳥栖IC近くに、佐賀県が06年に分譲を始めた流通業務団地「グリーン・ロジスティクス・パーク鳥栖」には2年間で18社が進出し、倉庫や物流拠点を置いた。博多港から輸入された物資の仕分けや、九州・山口一円への配送の一大基地となった。
 山梨県は、中部横断道と中央道が接続する双葉JCTから増穂ICにかけての地域が、鳥栖市のような物流拠点として発展することを期待する。県知事政策局は「中部横断道の全面開通により、貿易が盛んな新潟港と清水港が結ぶラインと、東京・名古屋間の物流の交差点となる」とみる。
県や学識経験者などでつくる県物流対策研究会によると、同地域の4市町(南アルプス、甲斐、中央、昭和)には九つの工業団地があり、製造品出荷額は県全体の28%を占める。広い平地に恵まれ、大規模な倉庫や団地の立地にも適する。
■身延山・下部温泉
1992年に磐越自動車道が開通した福島県会津若松市。86年に放映されたテレビドラマ「白虎隊」ブーム後の観光の起爆剤として期待されたが、観光客は92年の381万人から03年には270万人まで落ち込んだ。市観光課は「磐越道開通で日帰り客が増えた印象がある。手をこまぬいていたらお客さんは来ない」と話す。07年に349万人まで盛り返したのは、市がJRなどにキャンペーン実施を売り込んだ成果だった。
年130万人の観光客が訪れる身延山や、下部温泉を抱える身延町の町商工会は「中部横断道の開通でアクセスしやすくなれば、逆に日帰り客が増えるのでは。滞在時間が短くなれば、それだけ収入も減る」と危機感を隠さない。
■峡南地域
都市部に人やモノが吸い上げられ、過疎地域の衰退が加速する「ストロー現象」も懸念される。磐越道沿線では、全線開通した97年以降、中核市の福島県郡山市で人口が増加した反面、猪苗代湖周辺や山間部の町村では減る一方だ。
中部横断道沿線でも同様の現象が予想される。とりわけ、過疎が進む峡南地域では、住民が甲府市周辺や静岡市など遠方へ買い物に行きやすくなることで、「地元の商工界が打撃を受け、空洞化する可能性がある」(身延町商工会)。
開通が沿線にどのような影響を与えるのか。県は、沿線自治体や学識経験者らによる協議会を設け、対策の検討を始めた。横内知事も「県や地域が主体となって、開通までにプラス効果を高める努力をしなければならない」と力を込める。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

下部 温泉

元湯旅館 大黒屋-武田信玄の隠し湯として知られる下部温泉。単純鉱泉の湯温は約32℃。何もせず、じっくりと湯に浸かり身体や気持ちのコリをほぐす。下部川の清流を臨み、山間にひっそりと佇む温泉街は派手な観光化もされていない忘れ去られたような場所に湯宿が並ぶ。 ...

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

峡南ファンクラブ

Author:峡南ファンクラブ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
山梨情報
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ
人気ブログランキングへ

他にもたくさんの山梨に関するブログを見ることができます。
人気の記事
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。