FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ニュース】増穂、鰍沢合併 新町名候補出揃う

増穂、鰍沢両町の合併にあたり公募した新町名が5つの候補に絞り込まれました。
今後、この中から決定されるそうです。

無難なところでは「峡南」だと思います。
しかし、今回の両町の合併を将来的な「峡南市」の第一歩ととらえるなら、今回は暫定的に他の名称を使っておく方が良いと思います。
今後の合併論議で「峡南」の名称が既存町名として使えなくなるのは大きな損失ですから。

(以下毎日jpから引用)

増穂、鰍沢両町の合併協議会の新町名候補選定小委員会が11日に開かれ、公募した新町名について、5案の候補を選定した。新町名は、25日の合併協議会で決定する。
県内外から寄せられた1566件の新町名案の中から地域性や歴史、文化などを基準に委員の協議で決めた。
候補は、川(かわ)の都(みやこ)▽峡南▽甲南(こうなん)▽富士川▽富水(ふすい)。両町を流れる富士川にちなんだ名称が多かった。
25日は、24人の委員の協議で新町名を決める。【小林悠太】



(以下山梨日日新聞Web版から引用)

増穂、鰍沢両町による法定合併協議会の新町名候補選定小委員会が11日、増穂町役場で開かれ、新町名の候補を「川の都」「峡南」「甲南」「富士川」「富水」の五つに絞り込んだ。25日に開く法定協で決定する見通し。
非公開で行われた小委員会には、委員8人が出席。峡南地域を流れる富士川などにちなんだ「川の都」「富士川」、県(甲斐)や甲府の南部地域を意味する「峡南」「甲南」、水資源の豊かなまちをイメージした「富水」を候補に選んだ。
事務局によると、新町名候補の公募には1685点が寄せられた。重複する名称を除いた599点について、両町の地理的特徴や歴史、文化を考慮した。
依田経雄委員長は「5つの候補のうち、どれが新しい町名になっても異論はない。25日の法定協は、2つの町の歴史を踏まえて慎重に議論していきたい」と話している。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

峡南ファンクラブ

Author:峡南ファンクラブ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
山梨情報
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ
人気ブログランキングへ

他にもたくさんの山梨に関するブログを見ることができます。
人気の記事
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。