FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早川町の雨畑硯をPRするためのイメージキャラクターが紹介されています。
なかなかかわいいデザインで人気が出るのではないでしょうか。
硯をタヌキに見立てるというアイデアが秀逸だと思いました。

(以下山梨日日新聞Web版から引用)

早川町の硯の里協会と日本上流文化圏研究所は、公募していた町特産の雨畑硯(すずり)のイメージキャラクター「すずりちゃん」に、全身を硯、しっぽを筆に見立てたタヌキがモチーフのデザインを選んだ。甲府市の中学1年天野華奈さんの作品。伝統工芸品をより身近に感じてもらうのが狙いで、今後はシールなどのキャラクターグッズを作り、町内外へPRする。
すずりちゃんのデザインは、全身の硯、しっぽの筆のほか、腹が墨をする「丘」、顔が墨をためる「海」の部分となっていて、体の色は硯にちなんで黒色とした。
応募窓口となった町営の硯工房「硯匠庵(けんしょうあん)」によると、県内外から73件の応募があった。2~3月に選考会を開催し、同協会や同研究所のメンバー、雨畑地区の住民ら約30人が審査した。
天野さんの作品は、タヌキを使って堅いイメージの硯をかわいらしく表現していることや、硯の形が分かりやすいことなどが評価され、最多票を獲得した。
同協会などは今後、町内で販売している雨畑硯に張り付けるシールのほか、置物やのぼりなどのキャラクターグッズを作製する予定。硯匠庵の望月信子さんは「雨畑硯のブランド力を高めるとともに、町内外へのPRも進めていきたい」としている。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

峡南ファンクラブ

Author:峡南ファンクラブ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
山梨情報
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ
人気ブログランキングへ

他にもたくさんの山梨に関するブログを見ることができます。
人気の記事
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。