スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ニュース】県道雨畑線 土砂崩落

早川町内の県道大島雨畑線で土砂崩落がありました。
この県道では先月も崩落による交通止めがありました。
他の道路がない地域であり、生活への影響が大きいので、早急な対策が望まれます。

(以下山梨日日新聞Web版から引用)

23日夜、早川町雨畑の県道雨畑大島線で土砂崩落があり、県峡南建設事務所が約100メートルにわたって通行止めにした。同事務所は、23日の雨が影響したとみている。雨畑地区の77世帯160人が孤立し、早川南小と早川中は24日、同地区の児童生徒計5人を自宅待機とするなど、住民生活に影響が出た。同県道では先月にも土砂崩落があり、住民は崩落防止策の強化を求めている。
崩落現場は早川町役場から西に約3キロの地点。同事務所によると、23日午後10時20分ごろ、県道の北側斜面に施してあった土砂崩落防止用の補強材(モルタル)が幅10メートル、高さ10メートルにわたって落ちているのが見つかった。同事務所は撤去作業を行い、25日中には復旧する見通し。
町などによると、県道に迂回(うかい)路はなく、崩落地点より西にある雨畑地区の五つの集落が孤立した。自宅待機する児童生徒の今後の対応について、早川南小と早川中は復旧状況を見て判断するという。
同地区の温泉宿泊施設「ヴィラ雨畑」に宿泊していた2組3人は、県の許可を得て県道を通行して帰宅した。24日の予約客1組2人には状況を説明し、キャンセルした。
甲府地方気象台によると、同地区に近い観測地点の身延町切石の23日の雨量は73・5ミリだった。先月30日には今回の現場の20メートル東側で、土砂崩落があった。同事務所は「調査を進め、崩落しそうな土砂を撤去するなどの対策を検討したい」としている。
雨畑地区住民は「度々崩落があると、出掛けられない」と困惑。ヴィラ雨畑の沢登祐二支配人も「県に万全な対策をしてもらいたい」と話す。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

峡南ファンクラブ

Author:峡南ファンクラブ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
山梨情報
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ
人気ブログランキングへ

他にもたくさんの山梨に関するブログを見ることができます。
人気の記事
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。