FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ニュース】早川町 雨畑 県道 通行再開

先月から土砂崩落で通行止めとなっていた早川町雨畑地内の県道が、時間限定で通行可能となりました。
当面の間は、1日3回、時間を限定して解放されます。
一応の復旧の目処は立ちましたが、根本的な解決を検討する必要があると思います。


(以下山梨日日新聞Web版から引用)

平成22年5月31日(月曜日)午後4時発表
■道路の交通開放
○5月31日17時00分~20時00分
○6月1日~6日
1.6時00分~ 8時30分
2.12時00分~13時00分
3.17時00分~20時00分
○6月7日
1.6時00分~8時30分
2.8時30分~12時00分の間に、6月5日~6日に施工予定の仮設落石防護網の安全確認を実施
3.安全確認後、22時00分まで交通開放
○6月8日以降 5時00分~22時00分(夜間通行止め)
注意事項
1.安全確保のため、降雨状況、法面の状況によっては、上記時間にかかわらず通行止めとすることがある。
2.6月1日よりボートによる輸送は実施しないが、上記による全面通行止めの場合は運航できるようボート2艘は現地係留を継続する。



(以下山梨日日新聞Web版から引用)

県道の土砂崩れで早川町雨畑地区が孤立している問題で、県の土砂撤去が進み、31日午後5時から時間を限定して通行できるようになる。同日は午後8時まで通行できる。
県道雨畑大島線は当初、31日に開通する予定でしたが、別の崩落の危険もあったことから開通は同日夕方にずれ込み、孤立した雨畑地区の住民は31日もボート2隻を使って移動した。
ボートによる住民や物資の輸送は続けられ、早川町によると、食糧や医療品などは不足はしなかったが、各家庭での灯油などを節約するため、公営のヴィラ雨畑の温泉施設を29、30日と開放した。
早川町ではこれから梅雨を迎えるため、県などと協議し、町内の土砂災害などに弱い個所を点検する方針。



(以下山梨日日新聞Web版から引用)

土砂崩落で通行止めになっている早川町の県道雨畑大島線について県は30日、当初予定していた通行再開に向けた安全確認を見送った。仮復旧工事が完了していないためで、通行再開は早くて31日夕方以降になる見通し。
県は30日に安全確認を行い、町などと協議した上で時間制限付きの通行を再開する予定だったが、仮復旧工事の遅れにより、安全確認を含めて判断を31日以降にずらした。
崩落現場では30日、土砂の搬出が行われた。31日には防護柵が設置され、仮復旧作業が終わる見込み。
一方、30日は横内正明知事と民主党の後藤斎衆院議員が崩落現場を視察した。
孤立状態が続いている雨畑地区住民との対話集会も開かれ、住民から要望がある迂回うかい路などの建設について横内知事は「真剣に検討していきたい」と述べた。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

峡南ファンクラブ

Author:峡南ファンクラブ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
山梨情報
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ
人気ブログランキングへ

他にもたくさんの山梨に関するブログを見ることができます。
人気の記事
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。