FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ニュース】湯之奥金山博物館 BGM

身延町の湯之奥金山博物館のBGMが紹介されていました。
どのような曲なのか、博物館を訪れて一度聞いてみたいと思います。

(以下山梨日日新聞Web版から引用)

ロックバンド「パーソンズ」のドラマー藤田勉さん(47)=東京都三鷹市在住=は、身延町の湯之奥金山や金山衆をイメージしたインストゥルメンタル曲を作曲した。曲は同町上之平の湯之奥金山博物館のエントランスなどで4月下旬からBGMとして流れている。
藤田さんが作曲したのは、朝の訪れとともに黄金色の輝きを増す金山をイメージした「黄金の精、湯之奥にやどる」(8分43秒)と、金山衆の日常の営みと喜びをイメージした「甲斐黄金村の誕生」(4分59秒)の2曲。
同館の谷口一夫館長と藤田さんが、同館の運営委員などを務め、早稲田大の講師でもある西脇康さんを通じて知り合ったのがきっかけ。藤田さんはロックバンド「パーソンズ」のドラマーとして活躍。バンド活動と並行し、これまでに都内の博物館などのBGMを作曲していた。
藤田さんは初めて来館した昨年5月以降、同館の資料や取り巻く環境を見ながら作曲を開始。同館の開館13周年の記念日に当たる今年4月24日に同館に曲を寄贈した。藤田さんは同館を「自然のど真ん中にあり、音楽のイメージがすぐにわいてきた」という。曲は開館中、館内エントランスと砂金採りの体験コーナーで流れている。
谷口館長は「博物館になじむ曲。湯之奥金山の雰囲気にあっている」と笑顔。藤田さんは「BGMは自然に耳に入ってくるもの。展示品とともに、心安らぐものであってもらいたい。次も機会があれば作りたい」と話している。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

峡南ファンクラブ

Author:峡南ファンクラブ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
山梨情報
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ
人気ブログランキングへ

他にもたくさんの山梨に関するブログを見ることができます。
人気の記事
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。